3月12日から着た岩手日報号外  新聞続き。

16日岩手日報画像


画像
画像













新聞を全部見たい人は図書館に行くと見れますよね。

震災からなるべく全部目を通したいと頑張って読んでいます。

読んでないのを別に取ってあって
それが増えてきましたが。


今まで地方新聞がこんなに必要なものだと思ったことがありません。



今新聞にはボランティアに行く掲示板とか
被災地に届ける物資とかの集め方とか
載っています。

私も日帰りでボランティアに行ってみたいと思いますが
体力がないのでかえってじゃまになりそうだと
行かずじまいになりそうですが

行ってボランティアしている人たちにはエールを贈っています。




なので感動した新聞を掲載させてください。

勝手にあげて申し訳ありません。

携帯写真をたどって載せるまでに
凄く時間がかかっています。











ちょっとよくないことが私に続いて

私には亡霊が憑いている!と妙全に言われました。

すぐに、あーそうだと思う!と返事してました。
わかっていました。



お葬式をしてない親類が私が知る範囲で数人ですが
行方不明なのです。



行方不明って辛いですね。
もしかしてひょいと見つかるかもしれない!と思って暮らしました。


だから誰も拝んでいないということです。
死んだとわからないのに拝めないと
みんなそう思うのが普通じゃないでしょうか。




百ヶ日過ぎて、それを言われて
名指しで拝み始めたら収まりました。
続けて拝みます。



それが私の使命ですね。
前から拝んでいるのにと思いましたが
行方不明と言われ本気でなかったりしたのがバレましたか。
名指しされたかったのか!とちょっと驚きましたが
わかります!



そんな思いの7月11日が過ぎました。





どうか亡くなった方々が成仏しますように!


合掌。



画像17日



画像



画像


画像


画像18日



画像


画像
























写真、3月16日、17日、18日の岩手日報。



妙恵。

この記事へのコメント

雨傘
2011年07月12日 21:50
この前の震災、今日も続く地震…原発問題、政府の対応、なにも希望がありません。どう生きていけばいいのでしょうか…
2011年07月13日 14:17
> 雨傘さん

雨傘さんが今どこに住んでいてどういう立場かわかりませんが、希望というものは絶対に捨ててはなりません。
それがどんなに小さいことでも、またはどんなに大きなことでも、ぼんやりしたことでもいいと思います。
必ずこれで幸せかなと思う日がきます。

今辛いと思いますが自分がやれることをして生き延びましょう。無理はしなくて大丈夫ですから。
不安ばかりの世の中でも生きなければならない私たちの阿弥陀さまに与えられた使命を乗り越えましょう。
人間ひとりではないんですから。