2013年 第1回 空海・高野山検定 2級 問題用紙

第1回 空海・高野山検定 2級
                  全80問 試験時間60分

問1 空海が生涯をかけて日本に伝え、広めた密教の主尊である仏を、次の中から1つお選びください。
① 釈迦如来
② 薬師如来
③ 大日如来
④ 阿弥陀如来

問2 金剛界大日如来が両手で結ぶ印を、次の中から1つお選びください。
① 法界定印
② 智拳印
③ 与願印
④ 来迎印

問3 弘法大師空海の62年の生涯を絵図でつづる『高野大師行状図画』(地蔵院本)の絵巻は六巻からなっていますが、何段の場面で構成されているでしょうか。次の中から1つお選びください。
① 50段
② 60段
③ 70段
④ 80段

問4 朝廷によって編纂された正史のうち、869年に完成した正史で、空海のことが記されている書物を、次の中から1つお選びください。
① 『古事記』
② 『日本書紀』
③ 『続日本紀』
④ 『続日本後紀』

問5 空海が生まれた時代を、次の中から1つお選びください。
① 飛鳥時代
② 平安時代
③ 鎌倉時代
④ 奈良時代

問6 空海の基本的な生涯とともに、のちの絵巻にも影響を与えた神秘的な場面が記された、10世紀中頃に成立したとされる書物を、次の中から1つお選びください。
① 『贈大僧正空海和上伝記』
② 『遺告二十五ケ条』
③ 『弘法大師御伝』
④ 『高野大師恩広伝』

問7 774年、空海は讃岐国に誕生しました。『続日本後紀』には「法師は讃岐国多度郡の人なり」と記されています。さて、讃岐国多度郡とは現在のどこでしょうか。次の中から1つお選びください。
① 香川県観音寺市
② 香川県善通寺市
③ 香川県さぬき市
④ 香川県高松市

問8 空海が進学した大学で学んだ学科を、次の中から1つお選びください。
① 明経科
② 明法科
③ 書科
④ 算科

問9 『三経指帰』で述べているように、空海は一人の沙門から仏教の秘法を授かり、学問の道を捨て仏教へと進みました。この時、空海が授かった秘法を、次の中から1つお選びください。
① 後七日御修法
② 如意宝珠法
③ 祈雨法
④ 虚空蔵求聞持法

問10  青年期の空海が修行した場所について『三教指帰』には、阿波の(A)、伊予の(B)などで修行を重ねたことや、土佐の(C)で問9の秘法を修したことが記されています。(A)、(B)、(C)の正しい組み合わせを、次の中から1つお選びください。
① (A)剣山 (B)宇和島 (C)足摺岬
② (A)大歩危(B)十夜ヶ橋(C)桂浜
③ (A)大瀧嶽(B)石鎚山 (C)室戸岬
④ (A)鳴門 (B)道後  (C)龍河洞

問11 空海は夢のお告げで、久米寺(奈良県)で、『大日経』を手にしたと伝えられています。『大日経』の正式な名称を、次の中から1つお選びください。 
① 『大方広仏華厳経』
② 『大毘慮遮那成仏神変加持経』
③ 『金剛峯楼閣一切伽瑜祇経』
④ 『金剛頂経瑜伽毘慮遮那三摩地法』

問12 遣唐使船で唐を目指した空海一行の航路についてお答えください。「空海一行を乗せた遣唐使船は(A)にて日本を離れ、唐の(B)を目指しましたが、嵐に遭遇し約1ヶ月海を漂いました。そして、漂着したのは(C)だと伝わっています。」
(A) 、(B)、(C)の正しい組み合わせを、次の中から1つお選びください。 
① (A)肥前田浦(B)明州(C)赤岸鎮
② (A)大輪田泊(B)蘭州(C)青岸鎮
③ (A)鞆の浦 (B)杭州(C)赤山浦
④ (A)壇ノ浦 (B)温州(C)板橋鎮

問13 空海の時代、正式な僧侶(官僧)になるには、具足戒を受ける必要がありました。その儀式を行う場所を何と呼んでいたでしょうか。次の中から1つお選びください。
① 真言院
② 戒壇院
③ 極楽院
④ 護摩堂

問14  空海が唐の西明寺というお寺に住んでいた頃、宗教を学ぶためにインド僧より梵語などを学んだと伝えられています。そのインド僧とはどなたでしょうか。次の中から一人お選びください。
① 玄奘三蔵
② 般若三蔵
③ 鳩摩羅什
④ 不空金剛

問15・16  入唐後の空海にまつわる出来事についてお答えください。
「空海は密教の正統な伝承者である(A)から正式に法を授かりました。そして、その証として(B)を相伝され、今もそれは東寺(京都)に大切に保管されています。」

問15  (A)にあてはまるのはどなたでしょうか。次の中から一人お選びください。
① 鑑真和上
② 不空三蔵
③ 龍智阿闍梨
④ 恵果和尚

問16  (B)にあてはまるものを、次の中から1つお選びください。
① 牡丹唐草文印金袈裟
② 犍陀穀糸袈裟
③ 七条刺納袈裟
④ 刺繍須弥山日月九条袈裟

問17 「伝持の八祖」の他に、大日如来から始まる七人の祖師と空海を合わせた「付法の八祖」と呼ばれる密教の継承者を示す系譜があります。この「付法の八祖」の正しい系譜を、次の中から1つお選びください。
① 大日如来→金剛薩埵→龍樹→龍智→金剛智→順暁→(問15)→空海
② 大日如来→妙吉祥→龍猛→龍智→金剛智→不空→(問15)→空海
③ 大日如来→金剛薩埵→龍樹→龍智→善無畏→玄超→(問15)→空海
④ 大日如来→金剛薩埵→龍猛→龍智→金剛智→不空→(問15)→空海

問18 812年、空海は高雄山寺(現神護寺)に、僧侶たちを監督し、寺の規則を守らせ、庶民を司る三つの役職である三綱(上座・寺主・維那)を置いています。その産綱に選ばれた三名の弟子の組み合わせとして正しいものを、次の中から1つお選びください。
① 康守・真雅・真然
② 真済・真円・真如
③ 旱隣・実恵・智泉
④ 忠延・道雄・円明

問19 伝教大師最澄の弟子で、空海の下に密教を学びに行ったまま帰らず、後に空海の十大弟子の一人に数えられたのはどなたでしょう。次の中から一人お選びください。
① 実恵
② 泰範
③ 堅恵
④ 円澄

問20 修行の地を求めていた空海の前に、二匹の黒犬を連れた猟師姿の男が現われ、高野(高野山)へ導いたと伝えられています。その男は、高野の地主神と伝えられていますが、その地主神の名前を、次の中から1つお選びください。
① 狩場明神
② 春日明神
③ 紀伊明神
④ 神田明神

問21 空海は、高野山下賜の勅許を受けた後、二人の弟子を実施調査に向かわせました。その二人の弟子の組み合わせとして正しいものを、次の中から1つお選びください。
① 智泉と真然
② 旱隣と真雅
③ 康守と円明
④ 泰範と実恵

問22 空海は、823年嵯峨天皇から東寺を給預され、真言密教の道場として密教の世界をだれの目にもはっきり分かるよう、曼荼羅の世界を仏像を使って表現しました。この東寺の別名として正しいものを、次の中から1つお選びください。
① 神護国祚真言寺
② 金光明四天王護国之寺
③ 円通律寺
④ 教王護国寺

問23 823年、嵯峨天皇より東寺を給預された空海は講堂を創建し、言葉では説き尽くせない密教の世界を表現するため、仏像で立体的に曼荼羅を造りました。そして、それまでの日本になかった種類の尊格の像が、空海よってはじめて造像されました。その尊格とは何か、次の中から1つお選びください。
① 天
② 如来
③ 明王
④ 菩薩

問24・25  835年に初めて宮中で行われた密教儀式についてお答えください。
    「空海は唐で得た経験をもとに平安京の宮中で、天皇の一年間の健康と鎮護国家を祈る儀式を祈る儀式を行うことを朝廷に願い出て、勅許がおりました。その密教儀式を(A)といい、行われた場所は内裏に建てられた(B)という場所でした。」

問24 (A)にあてはまる密教儀式の名称を、次の中から1つお選びください。
① 庭儀結縁灌頂三昧耶戒
② 後七日御修法
③ 胎蔵界結縁灌頂
④ 仏生会

問25 (B)にあてはまる道場の名称を、次の中から1つお選びください。
① 戒壇院
② 大会堂
③ 大極殿
④ 真言院

問26 空海の十大弟子ではない人を、次の中から一人お選びください。
① 真泰
② 道雄
③ 忠延
④ 真雅

問27 亡くなった際に、空海が「私にとっての顔回(孔子が将来を嘱望していた弟子)であり、阿難(釈尊と常に行動を共にしてきた弟子)である」と評した、十大弟子の一人にして甥でもあった人物を、次の中からお選びください。
① 智泉
② 舎利弗
③ 堅恵
④ 真円

問28 828年、空海は日本最初の庶民の学校である「綜芸種智院」を創立します。この時に、自らの邸宅を校地として空海に提供した人物を、次の中からお選びください。
① 藤原緒嗣
② 藤原仲麻呂
③ 藤原三守
④ 藤原冬嗣

問29 空海が入定する前に金剛峯寺を付嘱するとした弟子を、次の中から一人お選びください。
① 実恵
② 真雅
③ 真如
④ 真然

問30 空海が入定したのはいつでしょうか。次の中から1つお選びください。
① 835年2月21日
② 835年3月21日
③ 853年2月21日
④ 853年3月21日

問31 921年、醍醐天皇から空海に「弘法大師」の諡号が贈られました。そのことを奥之院に報告するため高野山に登り、瞑想している空海に対面し、醍醐天皇から賜った衣をお着せした方は、どなたでしょうか。次の中から一人お選びください。
① 仁海
② 道範
③ 観賢
④ 宥快

問32 空海が故郷の讃岐国の人々から乞われて赴任し、修復工事を営んだため池を、次の中から1つお選びください。  
① 豊稔池
② 赤蔵池
③ 満濃池
④ 弁天池

問33 空海の主要な著作をまとめた『十巻章』には、『即身成仏義』・『声字実相義』・『吽字義』・『般若心教秘鍵』・『弁顕密二教論』・『秘蔵宝鑰』のほかに、一つだけ空海の著作ではないものが含まれています。それは何か、次の中から1つお選びください。
① 『正法眼蔵』
② 『歎異抄』
③ 『選択本願念仏集』
④ 『菩提心論』

問34 「それ、仏法遥かに非ず 心中にして即ち近し」とは、どの書物の中で空海が著した言葉でしょうか。次の中から1つお選びください。
① 『即身成仏義』
② 『声字実相義』
③ 『吽字義』
④ 『般若心教秘鍵』

問35 『即身成仏義』の中の「加持」の説明、「加持といっぱ如来の(A)と衆生の(B)とを表す。仏日の影、衆生の心水に現ずるを加と曰い、行者の心水能く仏日を感ずるを持と名づく。」の(A)と(B)に当てはまる言葉の正しい組み合わせを、次の中から1つお選びください。
① (A)法身 (B)菩提心
② (A)大悲 (B)信心
③ (A)真言 (B)仏性
④ (A)利他行(B)自利行

問36 『声字実相義』では、密教における「声字実相」を説明するため、偈頌(詩文)による説明がなされています。その『声字実相義』で説かれている偈頌として正しいものを、次の中から1つお選びください。
① 五大に皆響き有り 十界に言語を具す 六塵に悉く文字あり 法身は是れ実相なり
② 三密刹士に遍し 虚空に道場を飾る 山毫溟墨を点ず 乾坤は経籍の箱なり
③ 真言は不思議なり 観誦すれば無明を除く 一字に千里を含み 即身に法如を証ず
④ 顕薬は塵を払い 真言庫を開く 秘法忽ちに陳じて 万徳即ち証ず

問37  空海は『般若心教秘鍵』の冒頭で、「(A)の利剣は諸戯を絶つ」、「(B)の梵文は調御の師なり」と述べています。この(A)と(B)に入る言葉の組み合わせとして正しいものを、次の中から1つお選びください。
① (A)文殊 (B)覚母
② (A)観音 (B)般若
③ (A)不動 (B)大日
④ (A)阿弥陀(B)釈迦

問38  『般若心教秘鍵』のタイトルにある「般若」とは、古代インドのサンスクリット語の「プラジュニャー」を音写したものです。その「般若」「プラジュニャー」の意味として、正しいものを、次の中から1つお選びください。
① 智恵
② 布施
③ 精進
④ 禅定

問39 空海は『般若心教秘鍵』の中で、『般若心経』を密教的に解釈し、『般若心経』を「(A)の大心真言三摩地法門」と定義しています。この(A)に入る菩薩の名前を、次の中から1つお選びください。
① 普賢菩薩
② 大般若菩薩
③ 文殊菩薩
④ 観音菩薩

問40 空海は「遮那は阿誰号ぞ、本これ我が心王なり」(『性霊集』巻第一)という言葉を残していますが、その意味として正しいものを、次の中から1つお選びください。
① 大日如来とはいったい誰の名であろうか。本来これは仏の心にほかならない。
② 大日如来とはいったい誰の名であろうか。本来これは王(天皇)の心にほかならない。
③ 大日如来とはいったい誰の名であろうか。本来これは自分自身の心にほかならない。
④ 大日如来とはいったい誰の名であろうか。本来これは法を守る心にほかならない。

問41 空海は「時至り人叶うときは、道、無窮に被らしむ」(『性霊集』巻第五)という言葉を残していますが、その意味として正しいものを、次の中から1つお選びください。
① 時が熟し、人がそれに応じる時、真理の教えは限りなく窮することになる。
② 時が熟し、人がそれに応じる時、真理の教えは限りなく世の中に広まっていく。
③ 時が熟し、人がそれに応じる時、真理の教えは限りなく遠くへ去っていく。
④ 時が熟し、人がそれに応じる時、真理の教えは限りなく世の中から無となる。

問42 空海は『秘密曼荼羅十住心論』で、密教の境地である第十秘密荘厳住心を「秘密荘厳住心といっぱ、即ち是れ究竟じて(A)の源底を覚知し、実の如く(B)の数量を証悟す」と論じています。(A)と(B)に入る言葉として正しい組み合わせを、次の中から1つお選びください。
① (A)菩提 (B)衆生
② (A)仏法 (B)法界
③ (A)自心 (B)自身
④ (A)曼荼羅(B)仏菩薩

問43 『秘蔵宝鑰』は、空海が著した密教の代表的な作品である『秘密曼荼羅十住心論』(全十巻)の要旨をまとめたものです。その『秘蔵宝鑰』は、全部で何巻でしょうか。次の中から1つお選びください。
① 1巻
② 2巻
③ 3巻
④ 4巻

問44 空海が『秘蔵宝鑰』の序文で述べている言葉として正しいものを、次の中から1つお選びください。
① 生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終りに冥し。
② それ宅に帰るには必ず乗道により、病を癒すにはかならず薬方による。
③ 問っていわく、諸経論の中にみな三劫成仏と説く。いま即身成仏の義を建立する。何の憑拠かある。
④ それ法界の浄心は、十地を越えてもって絶絶たり。

問45 『秘蔵宝鑰』の中で空海が、仏教の有りようについての14の問答(十四問答)を記しているのは、その住心(心の段階)の箇所でしょうか。次の中から1つお選びください。
① 愚童持斎心
② 他縁大乗心
③ 唯蘊無我心
④ 秘密荘厳心

問46 『秘蔵宝鑰』の十四問答の中で、僧尼に対して批判的な態度をとる人物を、次の中から一人お選びください。
① 蛭牙公子
② 溺派子
③ 阿刀大足
④ 憂国公子

問47 空海は、ある人物へあてた手紙の中に「妙薬篋に盈てども、嘗めずして益なし」(『性霊集』巻第十)という言葉を残しています。ある人物とは誰か、次の中から一人お選びください。
① 嵯峨天皇
② 最澄
③ 恵果和尚
④ 桓武天皇

問48 空海は「もし恵眼をもってこれを観ずれば、一切の衆生は皆これ我が親なり」(『性霊集』巻第八)という言葉を残していますが、「恵眼」とは何か、次の中から1つお選びください。
① 仏の智恵の眼
② 恵まれた人の眼
③ 第三者の眼
④ 民衆の眼

問49 空海が「高野山萬燈会の願文」(『性霊集』巻第八)に記した言葉として正しいものを、次の中から1つお選びください。
① 虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が体も尽きん
② 虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が心も尽きん
③ 虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が願いも尽きん
④ 虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が願いもここにあらん

問50 唐より帰国した空海が、都(京都)で最初に移り住んだお寺には、現在国宝の五大虚空蔵菩薩が祀られています。その名刹寺院を、次の中から1つお選びください。
① 醍醐寺
② 仁和寺
③ 神護寺
④ 延暦寺

問51 高野山は1200年の歴史の中で何度も大火に見舞われ、山内の寺院を多数焼失してきました。それでも、現在、高野山霊宝館には多くの宝物が収蔵されています。その中で、国宝と国指定重要文化財に指定されている文化財の件数を、次の中から1つお選びください。
① 50
② 100
③ 150
④ 200

問52 高野山霊宝館の開設に尽力した人物で、鉄道王と言われた人物を、次の中から一人お選びください。
① 岩崎弥太郎
② 根津嘉一郎
③ 松下幸之助
④ 新島襄

問53 空海が24歳のときに書いたとされる『聾瞽指帰』に使用されている貴重な紙を、次の中から1つお選びください。
① 縦簾紙
② 穀紙
③ 荼毘紙
④ 麻紙

問54 唐で密教を学んだ空海は、経典や曼荼羅など数多くの物を日本に持ち帰ったと伝わっています。その中で、今も高野山霊宝館に伝わっているものを、次の中から1つお選びください。
① 真言七祖像
② 犍陀穀糸袈裟
③ 風信帖
④ 諸尊仏龕

問55 高野山には空海の姿を描いた図画が多数残されています。その基本形とされる真如が描いた弘法大師像は、現在御影堂に祀られていますが一般に公開されていません。しかし、その姿を写したもっとも古い弘法大師像(重要文化財)が、ある高野山の塔頭寺院から高野山霊宝館にあずけられており、その姿を見ることができます。その弘法大師像を伝えた、高野山の塔頭寺院を、次の中から1つお選びください。
① 普門院
② 龍泉院
③ 一乗院
④ 光明院

問56  高野山に現存する最古の木造の彫像で、もともと金剛峯寺の西塔に建立当初から安置され、現在、高野山霊宝館に所蔵されている重要文化財の仏像を、次の中から1つお選びください。
① 大日如来坐像
② 虚空蔵菩薩坐像
③ 不動明王坐像
④ 金剛波羅蜜多菩薩坐像

問57  一心院不動堂に安置されていたと伝わる運慶作の八大童子像のうち、冠を被り、身体は黄白色で右手に金剛杵、左手に蓮華を持ち、他の童子像に比べて目つきが鋭く感じられる像の名前はどれでしょう。次の中から1つお選びください。
① 制多伽童子
② 指徳童子
③ 恵喜童子
④ 恵光童子

問58 もとは古代インドの神々でしたが、のちに仏教の世界を守護する神である四天王と呼ばれるようになった神々がいます。その四天王に含まれないものを、次の中から1つお選びください。
① 増長天
② 広目天
③ 多聞天
④ 帝釈天

問59 密教特有の尊格である明王に含まれないものはどれでしょう。次の中から1つお選びください。
① 孔雀
② 愛染
③ 大黒
④ 不動

問60 密教法具をその意味するものの組み合わせが間違っているのはどれでしょう。次の中から1つお選びください。
① 羯磨―ものごとの成就
② 輪宝―涅槃の象徴
③ 五鈷杵―仏の智恵
④ 金剛鈴―仏を呼びさます

問61 胎蔵曼荼羅と金剛界曼荼羅がそれぞれに表わすものの組み合わせが正しいのは次のうちどれでしょう。1つお選びください。
① 胎蔵曼荼羅:慈悲 金剛界曼荼羅:智恵
② 胎蔵曼荼羅:長寿 金剛界曼荼羅:健康
③ 胎蔵曼荼羅:敬愛 金剛界曼荼羅:息災
④ 胎蔵曼荼羅:鎮護 金剛界曼荼羅:増益

問62 豊臣秀吉によって高野山に寄進された五大力菩薩像の中に含まれないものを、次の中から1つお選びください。
① 金剛吼
② 獅子吼
③ 竜王吼
④ 雷電吼

問63 お釈迦さまの生涯の重要な事蹟をモチーフに描かれたものを釈迦八相図といいますが、中央に身を横たえたお釈迦さま、その周囲に菩薩や仏弟子たちが描かれた図画をお寺でよく見かけます。その図画を、次の中から1つお選びください。
① 来迎図
② 誕生図
③ 成道図
④ 涅槃図

問64 高野山霊宝館には国宝の「紺紙金銀一切経」が収蔵されています。その一切経を発願した奥州平泉の人物を、次の中から一人お選びください。
① 藤原清衡
② 藤原秀衡
③ 藤原基衡
④ 藤原泰衡

問65 816年、朝廷からの勅許がおりると空海は高野山に両部曼荼羅の世界を創造すべく伽藍の造営に着手し、この地を「金剛峯寺」と名付けました。その由来となった経典を、次の中から1つお選びください。
① 『金剛頂一切如来真実摂大乗現証大教王経』
② 『金剛般若波羅蜜経』
③ 『金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経』
④ 『密迹金剛力士教』

問66・67  空海入定の地として知られる聖域についてお答えください。
問66 高野山の東側に位置するこの聖域を、次の中から1つお選びください。
① 一之院
② 御霊屋
③ 御影堂
④ 奥之院

問67 この聖域にある燈籠堂内正面に1000年近く燃え続けている2つの「消えずの火」を献じた人物について正しい組み合わせを、次の中から1つお選びください。
① 藤原道長と仁海僧正
② 白河上皇と祈親上人
③ 藤原清衡と豊臣秀次
④ 鳥羽上皇と平清盛

問68 問66の聖域にある御廟之橋をわたったところには、「みろく石」という石があります。その「みろく石」には、ある言い伝えがありますが、その言い伝えの内容を、次の中から1つお選びください。
① 撫でると甘い香りがする。
② 片手で持ち上げると願いが叶う。
③ 石の中に金塊が含まれている。
④ 大師が唐から帰国する際に、岸から投げた石である。

問69 問66の聖域には、唐の時代に中国でキリスト教が流行したことを記念する石碑「大秦国(A)流行碑」の複製が置かれています。(A)に入る、キリスト教を意味する言葉を、次の中から1つお選びください。
① 回教
② 拝火教
③ 伴天連教
④ 景教

問70 問66の聖域の御廟の横に置かれている「一切経蔵」は、ある武将が寄進して建立されたものです。その武将とはどなたでしょうか。次の中から一人お選びください。
① 石田三成
② 豊臣秀吉
③ 真田幸村
④ 徳川家康

問71 平家の棟梁であった平清盛が高野山を訪れた際に彩色を施したと伝わる両界曼荼羅の異名を、次の中から1つお選びください。
① 宮曼荼羅
② 血曼荼羅
③ 清海曼荼羅
④ 別尊曼荼羅

問72 今日、壇上伽藍の鐘楼堂近くにある平清盛ゆかりの桜の通称を、次の中から1つお選びください。
① 対面桜
② 西行桜
③ 高野桜
④ 壇上桜

問73 高野山ではかつて僧の集団がつくられ、それぞれが役割を担ってきた歴史があります。主に真言密教の教義の研究や修法、法会を執り行っていた僧侶集団の名を、次の中から1つお選びください。
① 聖
② 行人
③ 学侶
④ 寺主

問74 高野山では谷ごとに僧侶の住坊が作られました。その住坊がおかれた谷の総称を、次の中から1つお選びください。
① 高野四谷
② 高野六谷
③ 高野八谷
④ 高野十谷

問75 正式には円通律寺といい、重源により再興され、現在は修行僧を育成する場所となっているのは次のうちどれでしょう。1つお選びください。
① 真別所
② 曼荼羅堂
③ 学堂
④ 修伝所

問76 室町時代以降、群雄割拠していた武将と高野山の塔頭寺院の間で宿坊契約をかわすようになりましたが、武将と高野山塔頭寺院の組み合わせの中で、間違っているものを、次の中から1つお選びください。
① 上杉謙信と清浄心院
② 今川義元と高徳院
③ 浅井長政と持明院
④ 真田幸村と蓮華定院

問77 高野山真言宗の宗紋には、地主神を祀る天野社と豊臣家に由来する紋が使われています。正しい組み合わせを、次の中から1つお選びください。
画像



問78・79  1593年、豊臣秀吉が亡き母の菩提を弔うために木食応其に命じて寺院を建立しました。
問78 秀吉の母・大政所が剃髪した際の髪が納められたと伝わるこの寺院の名称を、次の中から1つお選びください。
① 興山寺
② 清涼寺
③ 青巌寺
④ 熊谷寺

問79 1869年にこの寺院と統合され、今日の金剛峯寺となった寺院の名称を、次の中から1つお選びください。
① 如意輪寺
② 興山寺
③ 熊谷寺
④ 円通律寺

問80 江戸幕府を開いた徳川家と高野山の関係は古く、徳川家の始祖と伝わる松平親氏の時代(1439年)から続いてきました。そして高野山上には、紀州徳川家の寄進によって建立された建物が今も残されています。その建物を、次の中から1つお選びください。
① 御影堂
② 金堂
③ 大塔
④ 西塔
  

         80問以上



















答えを書いてみました。どうぞ。
http://55768726.at.webry.info/201307/article_9.html

この記事へのコメント