天照皇大神宮(滝沢村鵜飼)

 天照皇大神宮 岩手県岩手郡滝沢村鵜飼御庭田



画像
天照皇大神宮は「滝沢南中学校」と書いた看板の向かい側にあるこの材木置き場のところをよく見ると鳥居があります。

画像
左側には石碑があります。

画像
ちょっとした橋を渡ります。そこから坂道です。

画像
鳥居をくぐるとすぐそこにあったはず?と思いましたらまだ先がありました。

画像
鳥居からこんな坂だったかな?と昔歩いたのをすっかり忘れています。

画像
本堂が見えてきました。帰り大丈夫かな、という気持ちで上がりました。

画像
妙全がここに来たことがないかもしれないと言い出したのはいいんですが登れないので私が代理で上がってきました。

画像


画像


画像
新しい碑が建てられていました。前はなかったように思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
        天照皇大神宮
               管理者  藤倉百松
      
 南部藩第28代、山城主重直公が邸内神社として勧請し、自ら崇敬祭祀に精魂込めていた。
 その後、盛岡城本丸の焼失などの城内施設の変遷があったが、明治維新後に当地に遷宮された。
 盛岡城下を見通すことのできるこの地は、歴代藩主が、よく鷹狩りなどに滝沢方面においての折に、休憩された御借屋のあった場所でもあった故をもって適地とされ、併せて、地区民の手厚い崇拝心に支えられて、現在に至っている神社である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


画像
境内は広いです。お稲荷さんから見た神社。

画像
お稲荷さんもありました。

画像
お狐さんこんにちは!

  

画像
上から下を見おろした写真です。
高いのがわかりますよね。
天照皇大神宮は一番偉いということで一番高いところにお祭りしたいのですね。


ありがとうございました。




          妙恵。








この記事へのコメント